So-magicスクールとは

「へアセットの基本は巻きと逆毛」という事を学ぶスクール

当スクールは基礎を身に付けることに力を入れています。なぜならお客様の要望に応えるためには、どんな髪型でも作れることが必須で、それは基礎の技術なしでは成り立たないからです。

あなたは「その長さだとアップはできません」「この髪質だとカールがつきにくいんですよね」なんてお客様に言ってませんか?理由をつけて「出来ない」と言っている人は素人と同じ。その「お客様が出来ないと思っていること」をなんとかするのがプロだと私は思っています。

どうしてこんな事を言う人たちが増えてしまったのかというと、それは基礎をしっかりと学ばずに応用のスタイルを先に覚えてしまっているから。

基礎の技術を身に付ける髪型はわりと地味なスタイルだったりします。実際の現場で使うにはちょっとダサかったり…。でも、シンプルなものほどバランスを取るのが難しく、表面を綺麗に整えるのが難しいのです。

でもほとんどのお店やスクールでは、見栄えが良くてすぐ現場で使えて、技術が無くてもバレないような、ルーズさやアンバランスさを活かした髪型を先に教えてしまうのです。その方が売り上げもすぐに上がるし、人も集まりやすいしね。

でも実はそうやって応用の髪型を先に習った人は、それがその人の基本となってしまうのでそれ以外の髪型が作れなくなります。それはまさに【1+1=2】という計算式=ひとつの作り方しか知らないという事。でも本当は自由自在に髪型を作るためには【2=○○】という考え方が必要なのです。

2=○○だと、右側に何が入ると思いますか?

  • 2=1+1
  • 2=1×2
  • =5-3
  • =4-2
  • =10-8
  • =100-98 などなど…。こんな感じで何通りものやり方を探し出すことが出来ます。

つまり1つの髪型を作るのにいろんなやり方があるということ。だからどこのスクールの作り方も、どのヘアメイクさんの作り方も、どの美容師さんの作り方も間違いではないんです。

ただ、根本的な考え方が違うと着地点が違うところにたどり着いてしまいます。

それが分かるのは、ある程度の経験年数を重ねてきた頃。自分の技術に頭打ちを感じてきたり、後から入ってきた人に追い抜かされる怖さが出てきたり。

そんな経験者もたくさん当スクールに通ってきてくれたこともありました。そしてその人たちが必ず口にするのが「こんなの習ってないです…」と言う言葉。10年間ブライダルヘアメイクをしていた人もいました。私より年上の美容師さんもいました。自分でお店を持っているオーナー美容師さんも来てくれました。

なのにその人たちがみんな同じことを言うのです。それくらい基本的なヘアセットの《基礎の技術》を身に付けている人が少ないということに驚きました。

基本的な技術がたくさん身に付いていると、それを組み合わせれば無限に髪型を生み出すことが出来るのです。【1+1=2】という手順を覚えるのではなく、完成図を思い描き、それをどうやって作るか?と頭の中で技術を組み合わせていく【2=○○】という考え方。そうすると髪の長さが短かろうが、クセが付きにくい髪質だろうが、どんな髪型でも作れるようになります。

だからこそ、当スクールは基礎コースだけで5パターンの髪型を教えています。これはすぐに実践で使える髪型というよりも、基本的な技術を覚えるために必要なスタイルなので、それをしっかり身に付けた上でアレンジのコース(洋装コースや和装コース)に進むとその重要性が理解できます。

ヘアセットはカーラー巻きがしっかりと出来ることと、そして逆毛がキチンと立つことで、綺麗なシルエットを作りだすことができます。

この2つの理論をしっかりと教えることが出来るスクールは少ないと思います。これは過去10年間で通ってくれた生徒さんたちの言葉が証明してくれています。ぜひ当スクールで一番大事な基礎をしっかりと身に付けてみませんか?

⇒ 生徒さんの声

⇒ 講師プロフィール

PAGE TOP