簡単に作れる髪型を習ってもバリエーションは増えません

今日きてくれた生徒さんはもう2年??3年?通ってくれていて、基礎コースを終了し、洋装コースもそろそろ終わりに近づき、今日はポンパとフィッシュボーンでした。

通信で美容師免許を取るために美容学校に通っている時にうちのスクールにも通い始め、間に通信のスクールリングが入ったり、お子さんもいらっしゃるので、スローペースになりながらもずーっと通ってくれています(^^)

来るたびに「免許取れました〜!」とか、「ブライダルの列席ヘアで働きだしました〜」とか近況を教えてくれて、今日は「キャバセット始めたんです〜!」と報告してくれました。

昔と違って今のキャバセットは盛らないし、簡単な髪型ばかりだそうです。

「簡単だからって気を抜いてると、突然むずかしい髪型を希望する人が来たらできないよ?」というと「そうなんですよ!!」と。どうやら身につまされる事があったようです(笑)

いろいろな話をしながら「でもさ、授業で私がどんどん深掘りして聞いた時に覚えた事は忘れないでしょ?」と聞くと、これまた「そうなんですよ!!」と大きな返事が(笑)

うちのスクールは大人数を集めて、簡単に作れる髪型を教えて「上手ですね〜」なんて褒めたりしません(笑)少人数で、難しい髪型を教えて、理解しているかを確認しながら進みます。もちろん出来てなさそうな時は有料で補習もします。ビシビシと指導されるわけですよ私に(^^;;

別の生徒さんなんて「先生が優しいと逆に怖い」と言います(笑)注意されずに「あら、いいじゃない」しか言われないと見捨てられたと感じるそうです(^^;;←これだと普段がすごく怖そうですけどそんなことないですよ??誤解です(笑)

なにが言いたいかっていうと(笑)今日の生徒さんは、現場に出て改めてうちのスクールに通って良かったと実感したそうなのです。

基礎をきちんと教わった事で、作り方の理論が想像できたり、自分のなにがダメなのかがよく分かるとか。

そして、私なんかよりキャバ嬢の方が数倍コワイと分かったとも言ってました(笑)ヘアセットが出来ないとキレますからね、彼女たち(^◇^;)

簡単な髪型しか作らない人は、難しい髪型は作れません。でも難しい髪型が作れる人は簡単な髪型はいくらでも作れるのです。だからSo-magicの授業は難しい髪型を教えます。

スクールで簡単な髪型ばかり教わって、現場に出た時に難しい髪型にぶつかって出来なくてお客様に怒られるのと、スクールで難しい髪型を教わって私からビシビシしごかれて(笑)現場に出た時に難しさを感じないのと、どちらがいいですか?

あ、もちろんすでに難しい髪型を作れる人が流行の簡単な髪型を覚えに行くのは問題ないと思いますよ(^^)

 

記念日スタイリスト®そうますずよ

PAGE TOP