ヘアメイクさんは美容師免許はいらないの??

「ヘアメイクさんは美容師免許が必要ない」と思っている方って以外と多いんですよね。「カットをする=美容師=美容師免許必要」「カットしない=ヘアメイク=美容師免許がいらない」←これ、間違いですからね(^^;;)
もともと美容師は「髪結い」が進化して生まれた職業です。その証拠?に美容師法という法律があるのですが、その文面には

「美容とは、化粧・結髪(けっぱつ)・パーマネントにより、容姿を美しくすることをいう」と記載されています。つまり、カットをするかしないかという事ではなく、髪や顔をいじる事は美容師免許が必要ということです。

美容師さんであれば、専門学校の授業で学びますが、覚えている人は少ない…かな?(^^;; まあこの法律自体が昭和26年施行というかなり古い法律なんですけどね。

1985年(昭和60年)くらいまでは、美容師は女性の仕事でした。(男性は理容師さんのほうが多かったですね)自宅の一階や近所に小さなサロンを持って、子育てしながら仕事をしている人も多く、その頃の美容師さんは、カット・パーマ・カラーのほかにヘアセットやメイク、着付なども行う、まさにトータルビューティーサロンでした。(昔から「髪結いの亭主」って言葉があったほどですからね。妻が髪結いだと、夫は一生遊んで暮らせるという意味ですw)

40歳から上の世代の人に聞くと「七五三も成人式も近所の美容室のオバちゃんにやってもらった」という人もいるはずです。それこそ昔は「結婚式は自宅に美容師さんが来て支度してくれた」という人だって多かったんですよ(^^)それだけ、冠婚葬祭のお支度はすべて美容師が担当していたんです。

ですが、1990年代のカリスマ美容師ブームが起きた頃から、だんだんと男性美容師が増え、経営者として美容室を運営していくお店が増えました。そうなると男性では施術が難しい 着付がメニューから削られ(下着姿になりますからね)、それに付随してヘアセットを行わない店が増えていきました。今ではほとんどの美容室がセットやメイクや着付けは行わないですし、メニューに無い店も多いですよね。

そしてヘアセットだけを専門にする店もあります。それまでも銀座や赤坂・六本木などのクラブのママやホステスさんが、出勤前にいくセット専門の美容室はありました。(昔から「セットを覚えたかったら銀座に行け」と言われるくらい、水商売の人のセットは勉強になるんです。銀座8丁目あたりは水商売向けのセット専門店が多いので、平日の20時前後は綺麗にセットしたお姉さんがたくさん歩いてます)

でも2000年の頃からキャバクラ嬢もヘアセットをするようになり、2006年の小悪魔agehaの創刊とともに盛り髪ブームが巻き起こり、新宿、上野、六本木などを中心にキャバ嬢御用達のヘアセット専門店も増えていきました。

その頃から、美容師免許もないヘアメイクさんや、美容所登録もしていないというセットサロンが繁華街を中心にどんどん増えて行きました。もともと厚生労働省の管轄下にある美容室は保健所に申請して、許可が無いと美容室をオープンできません。そのためにクリアにしなければならない条件などもあるため、椅子と鏡を置いてヘアセットサロンなどとうたっているお店が増えるとマズイ訳です。

ある日突然、保健所からセットサロンに「営業許可とってますか?美容師免許もってますか?」などと抜き打ちチェックが入る事も多かったのです。今は無許可のサロンも減りましたけどね。

あと、スタッフで美容師を2名以上在籍する場合は、「管理美容師」という資格保持者がいないといけなかったんです。↓こういうのね。約1か月、研修に通って試験を受けて合格するともらえます。

管理美容師資格

(今でもあるのかな??一時期、民主党の仕分けで無くなったという噂もありましたがw)

当スクールに来る方は美容師免許をお持ちでない方もいらっしゃいます。他のヘアメイクスクールだと、あまりその話はされないようですが(美容学校に行かれちゃいますからね)私は「この先ヘアメイクとして仕事をしていくのであれば、美容師免許は必要です。昼間の2年間、通信や夜間の3年間のどれかを選択して免許を取ることを頭に入れておいてくださいね」と必ず言います。

そのあとに免許を取るかどうかはご本人の判断に寄りますが、やっぱりお金をかけて学ぶわけですし、そのあとはキチンと仕事をして正々堂々とお金をいただけるようになってほしいので、私は必ず一番最初に免許の話は伝えます。何と言っても国家資格ですからね(^^)

もちろん資格を取ったからって、いきなりプロにはなれません。しっかりとした技術を目にして、たくさん練習して、いつでも同じものが作れる腕を身につけないと生き残れません。そんなしっかりとしたヘアセットを技術を身に付けたい人にピッタリなテキストが完成しました。

このテキストは通信講座として活用出来ますので、スクールに通う時間がない方や遠方の方でもしっかりと学ぶことができます。
ご希望の方はこちらからお問い合わせください


花嫁お仕立て師/記念日スタイリスト®︎◇そうま すずよ

関連記事

  1. ヘアセットスクール開校10年を目前に控え、いろいろと考えておりま…
  2. 本物を見る・知るという大切さ
  3. 自分の技術をコントロールする事は出来ますか??
  4. 個別レッスンのヘアセットスクールをいったん手放します。
  5. ヘアセットに悩んだ時、あなたに相談する場所はありますか?
  6. チャンスの神様の前髪を掴むべきか掴まざるべきか…
PAGE TOP